Malaysia ​- マレーシア

但し、現地不動産協会は2018年以降、現在の​20代後半の層の世帯形成のニーズが高まり、住宅市況が再び内需による底上げがあると予想しています。

中でもクアラルンプールの中心に位置するペトロナスツインタワーから直径​2キロ以内の物件は狙い目です。

現在は竣工より5年間に及ぶ家賃保証や購入価格の割引が付与された物件が一部で販売されています。


中心に位置する物件をより安価で購入すれば、​2018年以降の住宅市況の改善のメリットを享受できる可能性は
高いです。

東南アジア諸国の中で、最もOECDに加盟出来る条件が整っている点から、不動産市況の高騰も大分落ち着いてきていると思われます。

​Properties - 取り扱い物件